肌が弱い人の化粧水

肌が弱い人の化粧水の選び方

季節の変わり目や生理周期で肌が荒れる、また精神的なストレスで肌荒れが出るなど、女性の肌はとても繊細です。人によって、どこに体の不調が出やすいかという特徴があるものですが、肌が弱い人は、ちょっとした体や精神的な不調によって、すぐに肌荒れが起きてしまったりするものですよね。では、そんな肌が弱い人の化粧水は、どのようなものがオススメでしょうか。

 

肌が弱い状態というのは、外部の些細な刺激にも過敏に反応してしまう状態です。ほこりや紫外線はもちろん、肌の状態を整えるための化粧水でさえ、刺激となってしまって、肌を傷めてしまうものへと変わってしまっています。だから、肌が弱い人の化粧水は、とにかく刺激が少ないこと。化粧水の成分の中で刺激が強いものというと、香料や着色料、アルコールやエタノール、鉱物油、界面活性剤、防腐剤です。これらは、非常に刺激が強く、肌を傷める原因にもなるので、絶対に使用してはいけません。

 

そして、肌が弱い状態は、肌に必要なうるおいがない状態ですから、うるおいを与えるための保湿成分が必要です。保湿成分には、ヒアルロン酸や尿素、コラーゲンなどがありますね。その他にも、エチルヘキサン酸セチルという成分も、最近は注目を集めています。
ただ、こういった保湿成分でうるおいを補給しただけでは、肌が弱い人の化粧水としては不十分だったりするのです。なぜなら、肌が弱い状態は、肌を守るためのバリア機能も落ちているからです。だから、肌のバリア機能を高めてくれる成分も配合されていなければなりません。肌のバリア機
能を高めてくれる成分といったら、何といってもセラミドですね。肌が弱い人は、とにかくセラミドが減ってしまっているという特徴があるほどですから、ここはとても重要なポイントです。
まとめると、肌が弱い人の化粧水というのは、余分な刺激がなく、ヒアルロン酸や尿素、エチルヘキサン酸セチルといった保湿成分や、セラミドなどのバリア機能を高める成分が入っているものが望ましいです。

 

更新履歴